【DTM速報】 @Disordered Studio
( DTM速報 / DTMそくほう / DTMsokuhou ) 2ch 「DTM板」、「楽器作曲板」、「バンド板」を中心にまとめています。

DTM速報 ロゴ

【ギター打ち込みソフト】 REAL LPC 【メタル・ハードロック】

Real LPC 3  
REAL LPC 3




ギター打込みソフトについて



DTM(デスクトップミュージック)、特に打ち込み系でメタル・ハードロック・スクリーモをやる方は少ないと思います。
ドラム打ち込みソフトなら「
XLN Audio Addictive Drums」、「FXPansion BFD 2」等が定番ですが、ギター打ち込みソフトはあまり聞きません。

※私のバンド「Disordered System」(
http://itunes.apple.com/jp/artist/disordered-system/id470437958)ではAddictive Drumsを使用しています。


今回はメタル・ハードロックでもオケになじむギター打ち込みソフトシンセを紹介します。



REAL LPC 3 (リアル・レスポールカスタム 3)


MusicLab 社RealLPC(リアル・レスポールカスタム)は、
高品位なサンプリング・サウンドをベースにしながらも、MIDIキーボード/MIDIシーケンサーで のギター演奏の表現性を徹底的に追求し、数多くの独自の機能を採用する事で、これまでに無いリアルなエレクトリック・ギター・パフォーマンスを実現する、 MacOS X/Windows対応ソフトウェア音源です。

専用に開発されたソフトウェア・インターフェースには非常に高度な MIDI管理機能が搭載されており、ソロ・フレーズからコード・バッキング、アルペジオまで、従来のサンプリング・ライブラリやソフトウェアでは再現でき なかった、ギター特有の奏法の数々をいとも簡単に、そして驚くほどリアルにMIDIキーボードシーケンサーで表現する事が可能です。

Real LPC 3  
REAL LPC 3




音源試聴


関連記事


【イヤホン】 SONY MDR-EX300SL 【レビュー】

SONYイヤホン MDR-EX300SL
SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SL ブラック MDR-EX300SL/B






amazonで購入したSONYカナル型イヤホンMDR-EX300SL」が届きました。



▼レビュー
私は自作曲のモニタリングにSONYモニターヘッドホンMDR-V6 」を愛用しています。
そのためリスニング用イヤフォンにも、迷わずSONYの製品を選びました。

このイヤホン「MDR-EX300SL」ですが、モニターヘッドフォンのように、各帯域(低音・中音・高音)がキレイに分かれてクリアに聴こえます。
低音だけがズンズン聴こえるわけでなく、高音がシャリシャリしてなく、非常にリスニングしやすいイヤホンです。
また音の定位、上下左右もはっきり分かれて聴こえます。
装着性が良く、外の音を遮断するため、以前のヘッドホンより再生機器の音量レベルを下げた状態でも聴けるようになりました。
価格についてですが、定価6195円が半額以下の2900円で販売されていたのでお買い得でした。
黒、赤、紫と3色カラーがありますが、現在、黒のみ少し値段が上がっていますのでご注意を。

MDR-EX300SL 1
SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SL ブラック MDR-EX300SL/B



▼カナル式イヤホンとは

カナル( ear canal )は「外耳道」という意味で、その名の通りイヤフォンを耳の奥に深く差し込むタイプのものです。
イヤフォンと耳の間を密閉するため、外の音を遮断します。
そのため音量設定が小さくても聴こえる音量が大きいです。
また音漏れが少ないです。




▼SONY MDR-EX300SLの詳細


【メモリ開放・解放】 Windows Server 2003 Resource Kit Tools 【フリーソフト】

 













DTM
(デスクトップミュージック)をやる上でメモリの確保・確認は重要です。
長時間PCを使用していると、メモリに負荷が増え不具合が出ることがあります。
ひどいときにはDAWソフトフリーズしたり、楽曲再生時に音飛びがします。


▼メモリによる不具合の原因


これはメモリリークという現象が原因の可能性があります。
OSやアプリケーションが占有したメモリ領域を、開放しないままになっている場合、使用可能なメモリ量が減少してしまうことを言います。



▼メモリの解放



そこで対策のひとつとしてメモリの開放・解放を試してみましょう。
メモリの開放とは、メモリリークを防ぐために、使用後のメモリを再度使用できるように元に戻す作業のことです。

メモリ開放には色々なやり方がありますが、今回はWindows純正のフリーソフトWindows Server 2003 Resource Kit Tools」を使用した方法を解説します。
強制的にメモリ解放しないので、安全です。

※2003とありますが、Windows Vista・7でも使用できます。


▼ダウンロード


関連記事



スポンサード リンク


サイト内検索

カスタム検索

Googleで検索
【目次・カテゴリ】

openclose


【全記事タイトル一覧へ】


サイト内検索


カスタム検索

Googleで検索

【はてなブックマーク】人気エントリー

この日記のはてなブックマーク数
タグクラウド
楽天


Yahoo!オークション
アクセスカウンター (2010/5/18開始)

現在の閲覧者数:





twitter

100%フォロー返します。


メッセージ・質問はTwitterへお願いします。

ニコニコ動画コミュニティ